大切な歯を失った時、あなたならどうする?

若くても油断は禁物!歯を失う原因はたくさんある

歯を失うと聞いて、あなたはどのようなイメージを持ちますか?若い人であれば、「まだ自分には関係ない」と他人事のように思っている人も少なくないかもしれません。ですが歯は様々な理由で寿命を迎えるので、若いからといって安心はできないのです。

たとえば、歯の神経を抜いた経験のある人は要注意。歯の神経は歯全体に栄養を届ける働きをしているため、神経を失ってしまった歯は栄養失調状態になり、もろくなってしまいます。その結果少しかたいものを食べた時や就寝中の歯ぎしりなどで歯にヒビが入り、そのヒビが歯の根っこのほうまで入っている場合はかなりの確率で抜歯となります。虫歯になったことのない健康な歯でも、かたいものを噛むことで稀にヒビが入るケースもあるので、どんな人でも「大丈夫」とは言い切れないのです。

「インプラント」という選択肢

何らかの理由で歯を抜いたあとは、入れ歯かブリッジ、インプラントの三種類から歯を失った部分をどう補うか選ばなければなりません。

なかでも近年、選ぶ人が増えているのがインプラント。入れ歯やブリッジは前後の歯に負担をかけてしまうデメリットがありますが、インプラントは唯一、そのデメリットがありません。インプラントにするには手術が必要になりますが、人工の歯根を歯茎の奥へ埋め込むため入れ歯のように食事中の不快感も感じず、ブリッジのように前後の歯を大きく削る必要がないのが特徴です。術後のアフターケアもしっかり行ってくれる歯科医院がほとんどなので安心です。

杉並区で行うインプラントの場合、実績の豊富さや利用者からの評判などをチェックすることで、安心して利用できるクリニックが見つかります。